お水の飲み方次第でダイエットが叶う?超簡単「ウォーターダイエット」のすすめ

ダイエット

ダイエットを成功させる秘訣はお水の飲み方が重要だという事をご存知でしょうか?

水分を効率よく飲むことで身体の様々な機能の働きを整え、ダイエットにも効果を発揮してくれます。

モデルや女優さんでも実践している方が多い「ウォーターダイエット」をご紹介いたします。

正しい水の飲み方をマスターしてモデル級のボディを目指しましょう!

水の役割

人の身体は約60%が水でできており、1日に2リットル以上の水を入れ替えてながら体内の水分量を一定に保ち、生きていくための身体の働きを正常に保っています。

水分が2%失われただけでも、のどの渇きを感じるようになり、4~5%失うと脱水症状が現れます。それほど水は身体にとって重要なものなのです。

水を飲むと得られる効果

水は身体にさまざまな効果をもたらしてくれます。お水を効率よく飲むことで体調を整えて痩せやすい身体を目指す事ができるのです。水には「痩せ体質」に近づく4つの効果があります。

①むくみの解消

むくみは身体の水分が不足していることで、身体から水分を外に出さないようにする働きによって起こります。また、むくみは老廃物の蓄積によっても起こるので、放っておくと老廃物が脂肪に付着してセルライトの原因にもなってしまいます。

水分不足はむくみやセルライトのリスクにもなりますので、水分をしっかりと飲んで、水分の排泄がスムーズに行われる身体を維持するようにしましょう。

②代謝が上がる

お水を効率よく飲むと血液の水分量が一定に保たれ、血液がサラサラになることで血行が促進されます。血行が促進されることで栄養素を身体中に送り届ける働きが向上して代謝アップに繋がります。

水を飲む事で代謝アップしてエネルギーの消費効率が上がり、カロリーを消費しやすい身体が目指せます。

③便秘の解消

水分を充分に摂ると便が柔らかくなり、便通が良くなります。便通が良くなることで腸の働きも活性化され基礎代謝アップに繋がります。

水は短時間で大量に飲んでしまうと尿で排泄されてしまいますので、少量をこまめに補給して水分不足にならないように心がけましょう。

④食欲の抑制

水を飲むとお腹が膨れて胃液が薄まることによって食欲を抑えてくれる効果が期待できます。

水分補給のポイント


水分が不足すると栄養や酸素がうまく運べなくなり、代謝が下がってしまいます。
1日に排泄される水分をしっかりと補うために1日2リットルの水を補給するように心がけましょう。

のどが渇く前に飲む

のどが渇いている状態はすでに水分が足りていない状況です。水分不足にならないようにのどが渇く前にこまめに水を飲むようにしましょう。

起きた時・寝る前

就寝時に一晩でコップ1杯分の汗をかくと言われています。就寝時に水分不足にならないように寝る前に少量の水を飲み、朝起きたらコップ1杯の水を飲んで水分不足にならないように気を付けましょう。

汗をかいたら飲む

運動をして汗をかいたらこまめに水分を摂って水分不足ならないように気を付けましょう。特に夏場の暑い時期は水を飲むことで熱中症の予防にも繋がります。入浴前や運動する前はあらかじめ水分補給しておくことで、水分不足を防ぐことができます。

冷たい水は避ける

冷たい水は体内に吸収されにくく、胃に負担がかかり体温が下がってしまうことで代謝も低下してしまいます。水は常温か少しぬるいくらいの水をゆっくり飲むようにしましょう。

軟水と硬水の違い

水には軟水と硬水がありますが、その基準はカルシウムとマグネシウムの量を数値化して、120mg/L以上が「硬水」。120mg/L以下が「軟水」です。用途や好みに合わせて選ぶようにしましょう。

軟水の特徴

軟水は浸透が早く吸収性に優れています。身体に負担を掛けずに新陳代謝を促進するので老廃物の排泄がスムーズになります。運動時に素早く補給したい時や赤ちゃん、お年寄りにも適しています。

硬水の特徴

硬水は運動後のカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分の補給に適しています。大量に飲む場合はカルシウムやマグネシウムで胃腸に負担が掛かってお腹を壊すリスクもありますので、一度に大量に飲まず、こまめに飲むようにしましょう。

※炭酸水について
炭酸水は炭酸ガス(二酸化炭素)を含む水です。炭酸ガスによって満腹感が得られるので食べ過ぎ予防の活用できます。また胃腸に刺激を与え消化を促す効果も期待できます。

まとめ

水は身体の大部分を占めている大切な成分です。水を効率よく摂取することで様々な機能が正常に働き代謝のアップに繋がります。ダイエット中は水を効率良く飲んでダイエットの効果を向上させる事も可能ですので、ぜひ「ウォーターダイエット」を実践してみてください。

関連記事一覧