一度できるとしつこい! お尻ニキビの治し方

ニキビ

一度できるとしつこい! お尻ニキビの治し方

お尻にポツポツとできたニキビを治すためには、顔と同じように丁寧なスキンケアが欠かせません。
しかし、一度ニキビができてしまうとなかなか治りにくい部分でもあるのです。
一体、どのようなケアをすればお尻ニキビに悩まされずに済むのでしょうか。
そこで、今回はお尻を綺麗にする方法をご紹介いたします。

なぜお尻にニキビができてしまうのか
皮膚が薄いお尻は、デリケートな部分です。
それにも関わらず衣服に覆われているため蒸れや摩擦が起こりやすかったり、座る動作により体重の負荷がかかり日々ダメージを受けている部分でもあります。

このようなダメージを受け続けると、お尻の皮膚が硬くなり皮脂や汚れが毛穴に詰まりやすくなってしまいます。
それにより、ニキビができやすい、ニキビができても治りにくい肌状態となってしまうのです。

お尻ニキビの治し方
お尻ニキビの場合は、顔と同じように丁寧で適切なスキンケアが大切です。
お風呂で洗って清潔な状態に整えてから、ボディローションなどで保湿をしましょう。

ただし、キレイにしようとナイロンのタオルなどでお尻を強くこすったりするのはNGです。
綿のタオルや手で優しく汚れを洗い流してあげましょう。
その後はお尻がムレないように、通気性の良い下着を着用します。

さらに食事や睡眠の質を見直して、体の内側から肌質を改善することも欠かせません。
バランスの良い食事でビタミンやミネラルを補給し、午前0時には寝るようにしましょう。

肌質を改善することも大切!
お尻のニキビを治すには、ニキビができにくい肌状態へとしていくことも大切です。
それには上記でご紹介したように日常生活を見直すことが大切ですが、忙しい毎日なかなか新しい生活習慣を定着されることは大変です。
それがストレスになりニキビを悪化させてしまう恐れも十分あります。

そんな時は、お尻ニキビ専門コースがあるエステで施術を受けてみてはいかがでしょうか。
自宅ケアでは使用できないマシンを使って、肌の内側に有効成分をしっかりと届けてくれるため肌質改善に役立ってくれます。
さらに、シーズ・ラボではオリジナルのピーリング剤や個人に合った有効成分を選んでくれるため、より効果的なケアを行うことができます。

お尻は自分の目ではチェックしにくく、椅子に座る時などに不快感を覚えやすい場所です。
お尻のブツブツがなかなか治らない場合は、プロに見てもらいそのうえで正しいケアを行いましょう。

関連記事一覧