改めて知っておきたいニキビが発生するメカニズムとは?

ニキビ

思春期だけでなく、大人になってからでもニキビはできるもの。
では、なぜニキビができてしまうのでしょうか。
今更聞けない、ニキビができるメカニズムについてご紹介します。

ニキビができるメカニズム

そもそもニキビは、”過剰な皮脂”と”古い角質”が毛穴に詰まることで発生します。
その詰まりに皮脂をエサとするアクネ菌が増殖し、ニキビとなってしまうのです。
では、ニキビができる段階を詳しく見ていきましょう。

1.過剰な皮脂と古い角質が毛穴をふさぐ
2.毛穴から出られなくなった皮脂が毛穴の中に詰まる
3.毛穴の中にアクネ菌が増殖して炎症を引き起こす

なお、2の段階だと白ニキビ、3の段階だと赤ニキビとなります。
赤ニキビが悪化すると治りにくく、ニキビ跡になる恐れもあるので注意が必要です。

過剰な皮脂の原因とは

以上のように、ニキビができる要因の1つに”過剰な皮脂”があります。
ニキビを発生・悪化させないために皮脂分泌が多くなる原因を知っておきましょう。

≪1.男性ホルモン≫

男性ホルモンは思春期ニキビの原因となるホルモンです。
皮脂分泌を活発にするうえに、皮膚を硬くさせる働きがあります。
その結果、ニキビの2大要因である過剰な皮脂と古い角質が毛穴を詰まらせてしまうのです。

なお、男性ホルモンは女性にも存在しています。
過剰なストレスを受けると男性ホルモンの分泌が増え、ニキビを発生させるのです。
そのため、ニキビの予防や改善にはストレス対策も必要不可欠といえるでしょう。

≪2.黄体ホルモン≫

生理前に増加する黄体ホルモンも男性ホルモンと似た働きがあり、皮脂の分泌量を増やします。
また、黄体ホルモンは腸機能を低下させるため、便秘をも引き起こします。
老廃物が溜まることで体内に毒素が発生し、過剰な皮脂と合わさってニキビができやすくなるのです。

角質が溜まる原因とは
では、ニキビのもう1つの要因”古い角質”が溜まる原因は何なのでしょうか。
こちらもニキビ改善のために探ってみましょう。

≪1.ターンオーバーの乱れ≫

本来、角質は洗顔などによってはがれ落ちていきます。
しかし新陳代謝の低下などが原因でターンオーバーが乱れていると、角質が残ったままになります。
睡眠不足や栄養不足もターンオーバーの乱れを招くので、ニキビ改善のためには生活習慣や食事内容の見直しが欠かせません。

≪2.過剰な刺激≫

紫外線や間違ったスキンケアなどで過剰な刺激が加わると、肌を守ろうとして角質が硬くなり、毛穴をふさぎやすくなります。
また、頬杖などの顔を触るクセや、髪の刺激も肌に負担を与えるので注意しましょう。

ニキビは日々の生活習慣によって作り上げられてしまうことがほとんどです。
ニキビの原因となるものを見直し、ニキビ予防を心がけてください。

関連記事一覧