汗で悪化する? 夏のニキビには正しいスキンケアを!

ニキビ

夏になるとニキビが悪化する、という人は少なくありません。
そこで今回は夏のニキビが悪化しやすい原因について紹介します。
おすすめスキンケアも併せて紹介しますので、参考にしてみてください。

汗がニキビを悪化させるってホント?

●汗によって肌の角質がふやける
●タオルでゴシゴシと汗をぬぐうために肌をこする

こういったことにより、肌にとって必要な角質がはがれやすくなってしまいます。
すると肌のバリア機能が低下してしまい、より紫外線や乾燥などのダメージを受けやすくなってしまい肌に負担を与えてしまうでしょう。

また、汗を拭かずにそのままの状態で放置してしまうと、乾くときに肌の水分も一緒に奪ってしまい肌が乾燥しやすくなるという点もあります。
このようなことが肌の状態を乱してニキビを生じさせたり、悪化させたりしてしまうのです。

汗はこまめにやさしく拭き取ろう

ニキビを悪化させないためには、汗をそのままにしておくことがないようにしましょう。
汗をかいたらなるべく早く、そしてこまめに拭き取ることが大切です。
肌触りの良いガーゼや柔らかいタオルを使って、押さえるようにやさしく拭き取ります。

たったこれだけでニキビの悪化を食い止める第一歩になります。

紫外線対策は万全に

紫外線対策をせずに外出すると、ニキビを悪化させる原因になります。
また、室内にいても紫外線は降り注いでいます。

紫外線を浴びることと汗をかくことで角質はよりはがれやすい状態に陥ってしまいます。
朝のスキンケアと一緒に紫外線対策を行うこともポイントです。

洗顔はしっかり泡立てて

べたつきが気になるからと、1日に何度も洗顔をしていませんか?
ニキビの原因は皮脂と汚れが混ざり合ったものが毛穴に詰まることがひとつにありますが、乾燥も原因のひとつです。
洗顔は1日に1回、もしくは朝晩の2回だけが理想です。べたつきが気になるからといって過剰な洗顔をしていては、肌の乾燥を引き起こすことがあるので注意しましょう。
洗顔の際はしっかりと泡立てた弾力のある泡で顔全体を包み込むように洗ってください。

さらに、洗顔をした後は保湿ケアをしっかりと行いましょう。
べたつきが気になるからと乳液やクリームを塗らないのはNGです。
しっかりと乳液やクリームでフタをして乾燥を防ぐことでニキビの悪化を防げます。

このように、紫外線対策や毎日の洗顔やスキンケアをしっかり行うことで、ニキビに負けない角質層を育てて上げることに繋がるのです。

関連記事一覧