顔ニキビができる場所で健康状態が分かるってホント?

ニキビ

『内臓の不調』もニキビの原因になるってご存じでしたか?

しかもニキビが発生する場所によって、不調な内臓を知ることができると言われています。
ここでは、顔ニキビができる場所別に、どのように内臓が関わっているのかをご紹介します。

おでこのニキビ…胃腸の不調

おでこにニキビができる人は、胃腸機能が低下している可能性大。
消化不良や胃もたれを起こし、肌トラブルを招いている恐れがあります。

脂っこい食事や食べ過ぎを控えて、消化しやすく胃に優しい食事を心がけましょう。

鼻のニキビ…肺・大腸の不調

鼻にニキビができる場合は、呼吸器系や大腸の不調が考えられます。
喫煙者なら禁煙を始めて、肌と肺の両方をいたわりましょう。

また、大腸に負担を与える便秘も、鼻ニキビを招く原因になります。
腹部のマッサージを優しく行い、スムーズな排便を促しましょう

頬のニキビ…肝臓・胃腸の不調

肝機能が低下すると肌のコラーゲンが再生されにくくなり、肌トラブルの原因となります。
この場合は顔ニキビだけでなく、シミやくすみも出来やすくなるので要注意です。

頬にニキビができた際は、肝臓と胃腸の両方をいたわることが大切です。
暴飲暴食を控えて、野菜中心の食事を心がけましょう。

目の周り、こめかみのニキビ…肝臓・腎臓の不調

腎臓機能が低下すると、体内に老廃物が溜まりやすくなりニキビの発生を招きます。
腎臓は冷えに弱い臓器なので、体を積極的に温めるようにしましょう。
冷えた飲食物は避けること、お風呂でじっくり体を温めることが大切です。

口周りのニキビ…胃腸の不調

口周りにニキビができる場合は、胃腸機能が低下し、ビタミンが不足しています。

食生活が乱れていると特にできやすいので、まずは食事内容を見直してみましょう。
サプリメントでのビタミン補給もおすすめです。

あごのニキビ…冷え・婦人科疾患

あごにできるニキビはアダルトニキビとも呼ばれ、大人の女性に多い症状です。
ホルモンバランスの乱れによる冷えや、婦人科疾患が原因になるとも言われています。
まずは体を温めることから心がけ、生理不順などの婦人科疾患を伴っているなら、漢方薬による体質改善がおすすめです。

顔ニキビの改善は体の内外から!

上記のような関係性は、必ずしも絶対というわけではありません。
しかし、内臓の不調が肌に現れやすいのは事実です。

顔ニキビができてしまった時はスキンケアだけでなく、体の内側のケアも同時に行って、根本的改善を目指しましょう!

関連記事一覧