口周りのニキビの原因を詳しく知る

ニキビ

口周りのニキビの原因を詳しく知る

男性ホルモン

口周りのにきびが増えてしまうのは男性ホルモンの影響が多いとされています。顎という部位は皮脂の分泌が非常に活発で第二のTゾーンと呼ばれるほどです。

これにさらに仕事のストレスなどでホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンがさらに増えてしまうと皮脂が過剰分泌されるようになり、角質層が分厚く、毛穴が塞がってしまい、にきびが大量にできる環境が出来上がってしまうのです。

消化器官

口周りのにきびには食べ物を消化する胃腸の状態も影響します。 睡眠不足や栄養バランスの乱れ、更には運動不足によって胃腸が弱ると、 その影響により口の周りに大きく現れます。

また食べすぎにも注意が必要です。 食べすぎにより胃への負担が増えることで消化不良を起こす事で 取れるはずの栄養素が吸収されにくくなり、結果的に肌荒れにつながります。

冷え性

口周りのにきびとなる原因は冷え性も考えられます。冷え性とは要するに血行不良のことであり、 この状態は正常な老廃物の排出がされなくなるため、口周りににきびができやすくなります。

また血行不良は老廃物の排出が鈍くなるだけでなく、 ホルモンバランスにも乱れを起こしニキビができやすくなる原因となります。

口周りは体の中でも冷えの影響を受けやすい部位ですので 普段からひざ掛けや上着を着るなど、体を冷やさない習慣を心がけましょう。

口周りのニキビの治し方を詳しく知る

しっかり洗顔

口周りを含めた顔のニキビの対策の王道が洗顔をしっかりするということに尽きるでしょう。定期的に、積極的に洗顔することはもちろんのこと正しい洗顔方法を行なう事も重要です。毛穴に詰まった皮脂や汚れが固まったものが酸化することで、毛穴の炎症を引き起してにきびの原因となるため、特に毛穴は綺麗に清潔な状態にすることが必要です。

正しい洗顔方法

洗顔する前に髪の毛を邪魔にならないよう纏めます。
33度程度の人肌程度のお湯でまずは素洗いで洗顔。
次にアルカリ性の洗顔料でしっかり泡立て2、30秒ほど洗顔します。その時に泡立てネットなどを使うのがお勧めです。ただし顔の皮膚を余り強くこすらないようにしましょう。

洗い終わった後洗顔料はしっかりと洗い流さなければなりません。このときも顔を必要以上こすらないよう優しくすすぎましょう。特に髪の毛の生え際などしっかりと洗い流すことがポイントです。
乾いた清潔なタオルでしっかりと水分を拭き取ります。もちろんこのときも顔をこすらず優しく拭き取ってください。
最後に保湿のための化粧水で仕上げをして終了です。このときの化粧水は、オイルフリーで肌に優しいものを選びましょう。

ストレスを緩和する

口周りのにきび、特に顎の付近をケアするにはストレスを管理する必要があります。このストレスが原因でホルモンバランスが乱れ男性ホルモンが増えることを防ぐだけでかなりのニキビ対策となるはずです。現代社会、特に働く社会人にとってストレスは非常に大きなものですができる限り緩和できるよう工夫しましょう。

メディカルエステの根本ケア

口周りのにきびは一度できると中々治りにくいニキビです。

そんな治りにくい口周りのにきびは専門サロンへの相談をおすすめします。

シーズラボでは専門の皮膚科の医師が開発したその人に合った最適な肌専用のピーリング剤を選び治療を行う事ができます。

またメディカルエステは口周りの毛穴の皮脂分泌を抑制し、正常なターンオーバーにすることで ニキビを改善していく効果が期待できます。

専門の医師が携わっていることで一般的なエステサロンでは取り扱わないような最先端の治療を行ってもらうことができます。

関連記事一覧