慌てる前にチェック! ニキビを早く治す5ステップ

ニキビ

「できてしまったニキビ、一刻も早く治したい……!」そう思っているなら、
ニキビに対して的確な対処をする必要があります。
何をすれば素早くニキビが治るのか、ニキビ改善の5ステップをご紹介します!

1.肌を清潔にする

汗や過剰な皮脂は、ニキビの原因菌のエサとなります。まずは何よりも肌を清潔にして、ニキビ菌の繁殖を防ぎましょう。
ただし、1日に何度も洗顔をするのはNGです。肌の乾燥やバリア機能の低下を招いて、ニキビを悪化させてしまいます。

洗顔は朝と夜の2回を基本として、メイクをした日はクレンジングを丁寧にしておきましょう。

2.保湿をする

たとえ皮脂量の多いニキビ肌であっても、洗顔後は水分が蒸発しやすい状態になっています。
肌の水分量が減ると角質が硬くなり、皮脂や汚れの詰まりからニキビができやすくなってしまいます。

洗顔後は必ず保湿をして、水分の蒸発を防ぎましょう。なお、化粧品は刺激が少なく、使い心地が良いものでOKです。

自分の肌に合った商品が見つからない人は、ニキビ肌専用のものを試してみてください。

3.ニキビ薬を塗る

肌を清潔にして適度な潤いを保っておけば、ニキビは徐々に治っていきます。
しかし、「できれば今すぐ治したい!」というのが本音です。

そんな急を要する時は、即効性のあるニキビ薬に頼りましょう。ドラッグストアで購入できる医薬品があります。
医師や薬剤師に相談して、ニキビの状態に適した薬を選びましょう。

4.見ない・触らない

ニキビができている肌は、いつも以上に刺激や摩擦に弱くなっています。
指で触ると赤みが増したり、菌が増殖してしまう恐れがあるので、必要以上に触らないようにしましょう。

洗顔と保湿をして薬を塗り終えたら、もう患部には触らず、治るのを待ってください。
しかし患部を見ると「治ってるかな…」という意識が働いて、知らず知らずに触ってしまうもの。
ケアの時以外は、できるだけ鏡を見ないで過ごしたほうが良いでしょう。

5.早く寝る

十分な睡眠は、どんな高級な化粧品よりも肌の回復力を早めてくれます。
肌の調子が良くない時ほど早めに寝て、ニキビの修復を促しましょう。

なお、睡眠の効果を高めるためには午後10時~午前2時に眠っていることが大切です。
この時間帯はゴールデンタイムと呼ばれ、
肌のターンオーバーを促す成長ホルモンが最も多く分泌されるのです。

ゴールデンタイムの睡眠を習慣にすることで、ニキビが治りやすく、
できにくい肌へと変わっていきますよ。

関連記事一覧