日焼け止めの成分に注意! ニキビ肌と紫外線の関係性

ニキビ

美肌を保つために、外出時に日傘や日焼け止めを使って紫外線を防御しているという人は多いことでしょう。
しかし、ニキビができやすい肌質の人は日焼け止めの使用に注意が必要な場合があります。

ニキビと紫外線の関係性や注意したい日焼け止めの成分についてご紹介します。

紫外線がニキビに与える影響とは
紫外線は季節を問わず一年中肌の上に降り注いでいますが、夏はとくに紫外線量が高くなる季節です。
紫外線は肌を黒く日焼けさせるだけでなく、肌の奥にある細胞の核に影響を与えて、肌の水分を奪ったりシワやたるみなどの老化を引き起こすことが知られています。

過剰な紫外線を浴び続けると、肌は紫外線の影響から身を守ろうとして皮膚の最表面にある角質層を分厚くしようと働きます。
こうして角質が分厚くなると、肌が灰色っぽくくすんで見えたり、弾力性や柔軟性を失って質感が固くなってしまうでしょう。

さらに、肌の正常なターンオーバーを乱してニキビや毛穴詰まりを発生させやすくしてしまうのです。

日焼け止めの成分は肌に負担になる?
紫外線にはA波とB波の2種類があり、肌を老化させるA波は光老化と呼ばれる肌の老化を引き起こす原因だと考えられています。
A波は窓ガラスや雲を通過して肌に影響を与えることが特徴です。

室内で日傘や帽子を使う人はまずいません。
そういったことから、日常生活で少しずつ日焼けしていくことを防ぐためには、日焼け止めの使用が必要です。

ただ注意したいのが、市販の日焼け止めに含まれている成分は肌にとって決してやさしいとはいえないものも含まれていることです。

たとえば、多くの日焼け止めに含まれている油分や紫外線吸収剤は、肌質によっては大きな負担になりかねません。
日焼け止めに含まれている油分には使用感を高める効果がありますが、たくさん含まれていると時間がたって油分が酸化した際に毛穴詰まりを起こしやすくします。

また、紫外線吸収剤は紫外線防御力が高いことが特徴ですが、肌の上で化学変化を起こして紫外線を吸収し発散させることから、化学物質に肌が負けやすい人は刺激を感じたり肌荒れを起こす可能性があるのです。

ニキビ肌でも使える日焼け止めとは
ニキビができやすい肌質の人は、できるだけ肌に刺激を与えないような成分の日焼け止めを使用することが好ましいと考えられます。
脂性肌の人は、油分が多量に含まれていないオイルフリータイプの日焼け止めを使用すると、ニキビの原因となる毛穴詰まりを起こしにくいです。

また、ニキビができやすいだけでなく肌が化学物質に負けやすいという人は、紫外線吸収剤の代わりに紫外線散乱剤が使用された日焼け止めを使用すると良いでしょう。
一方、肌に日焼け止めの成分がいつまでも残っているとニキビや肌トラブルの原因となるため、せっけんや洗顔料で落とせるタイプの日焼け止めを使用した方が肌にかかる負担を減らせます。

このように肌への負担を減らすことで、肌を守りニキビが発生しにくくなります。
この夏は、日焼け止めの成分を気にして紫外線対策をしてみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧