質改善が必要? 乾燥ニキビの症状と原因

ニキビ

「ニキビは脂性肌の人にできやすいもの」と思われがちですが、実は乾燥肌の人にできやすい「乾燥ニキビ」と呼ばれるニキビがあります。
これはどのような症状で、何が原因で起こるのでしょうか。

乾燥ニキビの原因と対策法を紹介します。

乾燥肌なのにニキビができるのはなぜ?

ニキビは普通、皮脂が過剰に分泌することで毛穴が詰まり、雑菌が繁殖することで起こります。
乾燥肌だと基本的には皮脂の分泌は少ないはずですが、なぜニキビができてしまうのでしょう。

その理由は、肌が乾燥し毛穴が細く弱くなってしまうことにあります。
肌が乾燥すると水分が蒸発し、バリア機能が低下していきます。
乾燥してバリア機能が低下した肌は固くなり、少しの皮脂でも詰まりやすくなってしまいます。

こうしてできるのが「乾燥ニキビ」なのです。

フェイスラインなど皮脂が少ないところにできやすい

乾燥ニキビは大人ニキビの代表とも言われ、鼻やおでこなど皮脂の多いところにはできにくく、フェイスラインや口の周り、頬の外側など皮脂が少ないところにできやすいという特徴があります。
ニキビの症状としては一般的なニキビと同様ですが、固く感じたりかゆみを感じることもあります。

赤く炎症を起こすこともあるため、早く治すためにはあまり触らないことが大切です。

乾燥ニキビには徹底した保湿を!

乾燥ニキビは肌の乾燥が原因でできるニキビです。
改善するには徹底した保湿を心がけることが大切です。

たっぷりの泡でやさしく洗顔した後は、低刺激のローションで水分を補いましょう。
肌の乾燥を防ぐためには、水分を与えた後に油分を補うことも大切です。
乳液やクリームで肌を整えましょう。

ただし、油分が多く含まれたスキンケア化粧品は、適した量なら効果が期待できますが、必要以上につけてしまうと正常な皮脂膜を作る妨げになってしまうこともあります。
少量ずつ手に取り、肌の状態を確認しながらお手入れすることが大切です。

毎日のお手入れを続けることで、乾燥肌を改善していくことが乾燥ニキビ対策につながります。
乾燥を防ぎ肌を健やかに保つにはセラミドが配合されたローションを使うのがおすすめです。

正しい洗顔も乾燥ニキビ対策に

ニキビが気になるからと、念入りに洗顔をする人もいるかもしれません。
しかし、過剰な洗顔は、肌の乾燥を招くだけでなく刺激となってしまうこともあります。
洗顔時はたっぷりの泡でやさしく洗い、丁寧にすすぐのがポイントです。

ごしごしとこすったり1日に何度も洗顔することは避けましょう。

関連記事一覧